閉じる

会員登録して手芸・洋裁作品を投稿しよう!

会員登録はこちら

会員登録するとできること

  • 作品の投稿機能が使える
  • 掲載作品にコメント投稿ができる
  • 掲載作品のお気に入り管理ができる

ミシンウエストが大きいパンツ・ズボンの詰め方

ミシンを使ったウエストの詰め方を画像付きで紹介します。後ろ1箇所で詰めています。体系が変わってゆるくなったパンツやいただきものでウエストが大きいボトムスをお直ししましょう。30分ほどの時間で簡単にできます。

  • 手順 1

    ウエストの余分な長さを測っているところ

    ウエストの余分な長さを測ります。
    一人で難しい場合は、画像のように余りをつまんだ後にピンなどで固定し、脱いでから長さを測りましょう。今回余りは6cmありました。

  • 手順 2

    ベルトループを外すために縫い糸を切っているところ

    ベルトループを外すために縫い糸を切ります。切る幅はベルトループの幅分のみで大丈夫です。

  • 手順 3

    ベルトループを外しているところ

    画像のようにベルトループを外していきます。

  • 手順 4

    詰める長さを測っているところ

    手順1で測った長さを、中心から測りチャコペンで印をつけます。

  • 手順 5

    詰める箇所の印をつけたところ

    今回は6cmなので、画像のように中心から両サイドに3cmの箇所に2か所印をつけています。

  • 手順 6

    ミシンで縫い合わせているところ

    パンツを裏返し、印を付けた箇所をミシンで縫い合わせます。

  • 手順 7

    お尻部分の縫い合わせた画像

    ウエスト部分だけを縫い合わせると、縫い合わせた部分の下のお尻上部がたわんでしまうのでなじむように、ウエストからお尻に向けて斜めに縫い合わせていきます。

  • 手順 8

    ほどいた箇所を縫い合わせていくところ

    手順2,3でほどいた箇所をミシンで縫います。ウエストの縫い合わせた箇所は生地がぶ厚いので、ミシン針が折れないように注意してください。

  • 手順 9

    ウエストを詰めた後のウエスト部分

    画像がウエストを詰めた箇所です。ベルトループに隠れてわかりにくくなっています。

  • 手順 10

    ウエストを詰めた後の試着

    ウエストを詰めた後はしっかり試着してウエスト、お尻部分に違和感がないか確認しましょう。

関連記事

よく使う縫い方を8つピックアップしています。詳細ページでは動画と画像で縫い方が詳しくわかります。

ミシンメーカーのブラザーとアックスヤマザキの生地と針と糸の適合表から最適なミシン針と糸を紹介しています。